TOP > コーヒー豆 > アジア・アメリカ TOP > マンデリン

|インドネシア マンデリン アチェ ゲガラン/ 200g



  

【アルールバダから変わりました!】
口あたりがなめらかで香り高いコーヒー豆
人気の高いコーヒー豆の一つ。日本でもなじみのあるコーヒー豆です。
酸味が尖っていなく優しいフルーティーな味わいで後味がとてもよい
コーヒー豆です。 【詳細】
 エチオピアやケニアなどと並び、産地独特のテロワールを色濃く醸し出すスマトラ島
北部のマンデリン。特にその中でもアチェ特別自治州で作り出されるマンデリンアチェは、
その品質の高さと、フレーバーの複雑さで世界中のコーヒー愛好家から注目を受けています。

 ゲガラン地区は、アチェ州の中でもゲガランのタワール湖の東部に位置しています。ここに集まる
農家は、皆で小さなコーヒーチェリー集積所を管理しています。ここにはコンパクトではありますが、
屋内乾燥場やパルパー(脱果肉除去機)など、生産処理には欠かせない機械が設置されています。

 アチェ(Aceh)の言葉の由来は、スマトラ島最北部で交易の拠点でもあった事からAsia、China、
Europe、Hinduといった様々な地域・文化を表す言葉の頭文字を表していると言い伝えられています。
この言葉どおり、コーヒーの風味特性も明るい酸をベースに個性的で様々な風味を有したコンプレックスな
フレーバーを兼ね備えています。

 前回取り扱っていた、アルールバダ同様に明るいオレンジのような酸の質があり、インドネシアの
スペシャルティコーヒーとして恥じないクリーンで明瞭なカップです。フレーバーは非常に複雑な印象。

【農園】約100人からなる小農家
【エリア】スマトラ島 アチェ州 ゲガラン地区
【標高】1,450〜1,550m
【品種】ティムティム、エスリニ他
【生産処理】スマトラ式

送料についてはこちらをご覧ください。

プライス 1,400円(内税)
購入数
焙煎度合
豆の挽き方



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

< TOPページに戻る